後遺症が残った状態の生活とは

家族が病気になって後遺症が残ってしまったのですが後遺症が残った状態での生活というのは思った以上に大変だと思いました。なぜなら後遺症が残った状態ではそこまで重篤な後遺症でなくてもかなり生活が大変だと思ったからです。また後遺症も必ずしも体に直接出るようなものばかりでなく普通よりも言葉が出にくいという症状もあってそのせいで一見して後遺症とは思えないような後遺症があってそのせいでさらに生活が大変だったというのがあります。特に本人さえもその事に気づいてない事があって実際にはかなりひどい後遺症があってもそれが後遺症のせいだと思ってないせいで上手く言葉が出ない事にイラついたりまた他の家族もその事に気づいてないせいで話している時に流ちょうに話せない事にイラついたりして家族の仲が険悪になる事がありました。これも病気の後遺症というのが分かっていればまた違った感じになっていたと思うのですがみんなそれが後遺症のせいだと思ってなかったせいでかなり生活に支障が出ました。