私は、島内に居住している専業主婦でありますが、内科を芦屋で検索すると島内には、診療所と併設される形で歯科医院が一カ所しかない状況でありました。私は、突然ある日奥歯が痛くなり、地元の島内の歯科医院に行ったのですが、「おそらく知覚過敏ですね」と言う形で、内科を口コミでおすすめする芦屋では露出していた歯茎に対して専用の痛み止めの液体を処方して頂くだけで、済ませられました。そこから翌日になっても激痛を稀に伴う形で、主人の運転する車の中でのたれ回る形で「痛いいたい!」と叫ぶ形になりました。たまらず島外の歯医者さんで口コミの良い歯科医院を探す形で行きました所、銀歯の奥が虫歯になっていたのです。このことから、しっかり診てもらえていないのではないか?と言う不安感に襲われるような形で、羽村で工務店ならアネストがもうそこから、島内の歯科医院にいくことは止めました。今では、島外の歯科医院に通っておりますが、ムダに「来てください。」と言う形で、今度は診療費を稼ぐためなのか分かりませんが、もう治っていると思われるのに何度もくるように言われたり、セラミックの被せ物にしてくださいか、AGAの薄毛治療は評判の大阪で金歯が良いですと言う形で、高い治療費を伴う施術を進められる形になっておりますので、どう言うタイミングで治療を断って良いのか苦慮しております。