実家で一人で暮らしていた母は、60代半ばで脳梗塞になり入院しました。この内科を話題の芦屋で検索すると発症してすぐに病院に運ばれたため、2ヶ月ほどの入院ですみ、また一人暮らしをできるほどに回復しています。
母の友人や知人からすると、脳梗塞になったとは思えないほど、以前と変わらないように見えるそうですが、私たち家族は、後遺症ともいえる変化を感じています。
芦屋で内科をおすすめする口コミでその一つが、寒さ、暑さに対して、苦情が多くなったことです。母自身もこの変化を感じているらしく、脳梗塞になって以来、体温調節の機能が低下しているのではないか、思います。
もう一つが、感情の起伏が激しくなったこと。この点は、本人は自覚がないようですが、忍耐力が低下しているようなのです。薄毛治療は評判で大阪でAGAの治療をヒステリックに怒りだすかと思えば、ちょっとしたことでも大喜びする。タガが外れた感じ、と言う表現がぴったりで、脳梗塞になる前はある程度抑えることができたのに、今はその抑止力が働かず、思ったことをそのまま口に出してしまっているようです。
腹が立つこともありますが、話題の工務店を探すとこの青梅ではこの程度ですんでいることは感謝すべきことだとも思っています。