後遺症が残った時の生活について

家族が重いたるみやほうれい線の病気を患ってしまって後遺症が残ったのですが一見して後遺症の症状がほぼなくなった時でもやはり重篤な病気で芦屋の内科で、後遺症が出た時は少なからずその後の生活に影響があると思いました。特に私がそう感じたのが脳梗塞を家族が患ってしまった時に感じたというのがありました。というのも脳梗塞の後遺症としてよく知られているのはしゃべりにくいという後遺症が残るのが有名ですがそれ以外の目に見えない後遺症が出る事もあるからです。なので最初は家族みんなが後遺症も残らずに病気を完治してくれたと思ったのですが実際にはそうではなくて覇気がなくなっているという症状が出て家族と話が全く合わないという事がありました。そのせいで他の家族も特に後遺症も残っていないという認識でいつも接していた事で普通の反応が返ってくると思って話かけても全く関係のない話をしたりして周囲が混乱しました。特に病気を患った本人も他の家族も後遺症という意識が全くなかったせいでかなり支障が出て大変でした。