脳梗塞後は家をリフォームしました

祖母が脳梗塞を起こしたときに、入院をしていたのでその間に家の中をリフォームすることにしました。そのリフォームをするのは、病院のリハビリでのアドバイスでした。そのアドバイスがなかったら、多分そんなことを思いついていなかったと思っています。その後に、祖母が退院するまでになんとかリフォームをすることができるように考えました。その一つとして、いろいろなところに手すりを付けるということです。ふとしたときに、やっぱりふらついてしまうんですね。手を伸ばせるところがあると安心です。そしてバリアフリーにすることも心がけました。すべてのところをしたいと思っていたのですが、それはちょっと無理だったので出来る範囲で行うことにしました。祖母が帰宅したときに、その家のかわりようにびっくりしていましたがそのことをしておいて本当に良かったと思っています。それでも、やっぱり転ぶなどは度々あります。躓く、転ぶはいつものことなので少しづつ家の環境に慣れるようにしていました。