重たい後遺症が残りましたので、生活は全面的に変りました。

夫の父親が脳梗塞で、最終的に身体障碍が残り、いわゆる寝たきりの状態になりました。また、言語障害および嚥下障害も残り、胃ろうを造設しました。だんだんと認知障害も生じてきて、夫の母親のことすら、うまく認識しているかどうか、わからない状態になりました。慢性的な状態ですので、急性期病院からは早々に退院を迫られ、慢性期の病院に入院させていただくことになりました。慢性期の病院からもいつ退院を迫られるか気が気ではありませんでしたが、重い床ずれもできてしまったためか、退院を迫られることもなく、他界するまでずっと病院で過ごすことになりました。そのような義理の父ですので、重たい障害が残り、それまで自宅で、とりあえず、基本的なことは自分自身で行うことができていたのですけど、もちろん、そういったことは全くできなくなり、すべては看護師さんのお世話になった生活に変りました。何一つ能動的に行うことはできず、やがては意思表示すらできない状態で、生活は全面的に変わりました。ただ、ありがたかったのは、病院で看護師さんがすべてお世話をしてくださったことです。