家族の脳梗塞発症後の後遺症で驚いた経験

私は家族と生活をして病気の問題に遭遇しました。具体的には家族が脳梗塞になって入院をしていました。その家族は祖父で病気の悪化が非常に心配になりました。私は医者と相談して脳梗塞発症後の後遺症の説明を受けました。それを家族と話をしたので余計にどうなるか分からなかったです。しかし年齢を重ねると脳梗塞のリスクは高まると思いました。実際に芦屋の内科医の祖父は脳梗塞の後に上手く言葉が出なくなりました。それで接する時も緊張したと思います。また脳梗塞は再び発生する可能性もあります。だからあまり家族を刺激しないようにしていました。脳梗塞発症後の後遺症は怖いので注意が必要です。しかし家族は後遺症で字も書けないことが分かりました。私は祖父が字が書けないということを家族から聞きました。それで脳梗塞発症後の後遺症が本当に危険なものだと思ったのです。生活の中でコミュニケーションをするためには言葉が必要です。しかし家族はそれが困難になったので脳梗塞の現実を知りました。

Comments

こんにちは、これはコメントです。
コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

Comments closed