昨年の冬、副鼻腔炎になり、地元の耳鼻科に通った時の話です。鼻づまりが数日続いた後、猛烈な頭痛が始まり、これら全ての内科を芦屋で口コミすると鎮痛剤でも抑えきれず、病院に行くことにしました。初めは内科に行きましたが、症状を伝えると副鼻腔炎の疑いがあるので、耳鼻科を受診するよう薦められました。そこで私は我が家が昔から通っている地元の耳鼻科に行くことにしました。私も20年前に中耳炎を治療してもらったことがありました。消化器内科を評判の芦屋で探すとただ先生は腕は良かったのですが、職人気質で、ニコリとも笑わず、黙々と治療をする人でした。正直、躊躇いはありましたが、一刻も早くこの痛みから解放されたかったので、覚悟を決めて耳鼻科へ行きました。到着した私は驚きました。古く暗い印象だった建物が明るくお洒落で開放的な建物に変貌していました。名前も○○耳鼻咽喉科から○○耳鼻咽喉科クリニックに変わっていました。受付を済ませ、簡単な問診票に記入した後、私は診察室に通されました。評判の工務店ならアネストが羽村でそこには40代くらいの先生が座っており「こんにちは。今日はどうされました」とにこやかに尋ねてきました。私が症状を話すと、すぐにレントゲンを撮ることになりました。しばらくして再度、診察室に入り、先生の話を聞きました。先生はレントゲンを見せながら、「骨の間に膿が溜まっており、これが痛みの原因です。病名としては副鼻腔炎ですね」と丁寧に説明してくれました。こんなに話題の薄毛治療は大阪でAGAのそして膿を殺すために抗生物質と痛み止めを出すので、きちんと飲み切るように言われました。最後に菌の種類を検査するということで、鼻に器具を入れ、コチョコチョされて終わりました。耳鼻科というと鼻や口にたくさんの器具を突っ込まれ、とても痛いイメージでしたので、覚悟を決めていた私は拍子抜けでした。後日、一度だけ経過を診てもらい、治療は終了しました。出された抗生物質も検出された菌に効果的なものだったと教えてもらいました。最初から最後まで親切、丁寧な診察でした。今回の通院で、田舎でもかつての職人気質の治療ではなく進んだ医療をしてくれるものだととても感心しました。そして痛くない耳鼻科の治療というものに感動してしまいました。